お知らせInformation

ボーンブロス そもそもメモ3 コラーゲン量が明確なボーンブロスをOEMで

ボーンブロス そもそもメモ3>コラーゲン量が明確なボーンブロスをOEMで商品開発
●「基本のだし」をご準備
●体を作るコラーゲンを含有
●栄養成分を比較してご紹介
●エムボーンブロススープのコラーゲン量は鶏むね肉の10倍以上
●貴社の得意技と合わせ技でOEMを
—————————————————–
「基本のだし」をご準備
エムボーンブロススープは、貴社のイメージされるボーンブロスをOEMで実現する「基本のだし」となります。
他にも美味しいだしはたくさんある中で、マザーフーズのボーンブロスでOEMをお勧めする理由は、栄養成分にあります。

体を作るコラーゲンを含有
最初に注目していただきたいのはコラーゲン。
私たちの体のいたるところで、身体を構成しています。肌や髪はもちろん、血管や骨を作る原料になっています。
おいしく食べながら、身体の材料を補給するスープを作ることができるのが、エムボーンブロススープをベースにしたOEM製造の魅力のひとつです。

こちらもご参考に⇒ コラム 10:そもそも「コラーゲン」の役割は?どれくらいとればいいの?

栄養成分を比較してご紹介
エムボーンブロススープの栄養成分を改めてご紹介しましょう。
1袋160gに含まれるコラーゲンは6,720㎎。
この数字が多いのか少ないのか、「鶏むね肉」おおよそ1人分100gと比較した、次の表*をご覧ください。
*出典:エムボーンブロスの成分値 (一財)日本食品分析センター調べ
鶏むね肉の成分値:にわとり/[親・主品目]/むね/皮なし/生 日本食品標準成分表2020年度(八訂)

ヘルシーフードとして取り上げられることの多い鶏むね肉。たんぱく質もカロリーも、エムボーンブロススープの約3倍。しかし脂質は6倍以上含まれています。

エムボーンブロススープのコラーゲン量は鶏むね肉の10倍以上
ではコラーゲン含有量はどうでしょう。
鶏むね肉620mgに対して、エムボーンブロススープ1袋には10倍以上の6,720㎎含まれています。
鶏むね肉をエムボーンブロススープに加えたOEM製品であれば、それぞれの長所を活かしながら、さらに高い栄養価が期待できる製品づくりができることになります。
単純計算ですが、鶏むね肉とエムボーンブロススープを一緒に摂った場合の数値を、右端の欄に示しました。調理による数値の変化はありますが、脂質やカロリーを抑えながら、コラーゲン量を豊富に含んだ製品づくりが可能です。

貴社の得意技と合わせ技でOEMを
もちろん他の食材でも、栄養価が明確に示せるボーンブロスのOEM製造が可能です。

貴社の得意とされる分野とマッチングさせて、オリジナルのボーンブロスのOEM商品を。
事業のさらなる拡大にお役立てください。

ボーンブロス OEM お問合せはこちらから

TEL: 受付 平日9:00~18:00 FAX:06-7178-0615
お問合せ
お知らせ