お知らせInformation

エム ボーンブロス オンラインショップ開設のお知らせ

 


エム ボーンブロス オンラインショップ
開設。
ダイレクトにお買い求めいただけるようになりました。

骨をじっくり煮た、体に優しいスープ「 ボーンブロス」

欧米では母の味でした。                                                             

「ボーン」は骨、「ブロス」はだし汁のこと。
鶏や牛、豚や魚の骨からとった基本になるスープです。

20世紀半ばごろまでは、欧米の家庭のストーブの上でコトコト、半日から3日間ごく弱火で煮だして、料理のベースに使っていました。

コラーゲン、アミノ酸などの体の調子を整える栄養成分が含まれているため、体の具合が悪い人でもそのまま飲め、回復の手助けをする「体に優しいスープ」とされてきました。

キッチンの棚から出してすぐに飲める「エム ボーンブロス」

ただ、いくら栄養価が高いといっても、今の私たちの生活では、
3日もかけてコトコト煮出すのは現実的ではありません。

そこで、毎日手軽に飲んでいただけるように開発されたのが、「エム ボーンブロス」。
栄養価と味を高品位に保ちながら、保管のしやすさにも配慮し、
常温保存できるレトルトパウチでお届けします。

 エム ボーンブロスは健康の土台を支える食品です。

健康への一歩に、1日1袋1ヵ月からスタート

エム ボーンブロスは、コラーゲン・アミノ酸・イミダゾールペプチドを含む食品です。
化学的に合成した成分を添加せず、原材料がもともと持っている栄養成分を抽出しました。
普段の食事にプラスして、習慣にしていくうちに次第に良い変化を実感していただける、
そんな「健康の土台を支える」スープ。

料理のベースとしてはもちろん、飲み物としても飲みやすい味です。
常温でも、温めても冷やしてもお召し上がりいただけます。
食塩を加えていませんので、塩分摂取を控えている方にも安心です*。

*調味料としての食塩は加えていませんが、原材料に含まれる食塩相当量が成分表示に記載されています。
また、主食・主菜・副菜を基本にバランスのよい食生活を心がけてください。

 エム ボーンブロスは国産原料で国内生産 

着色料、香料、食塩、化学調味料、保存料は無添加です。

小さいお子さまからお年を召した方まで、安心してお召し上がりいただけます。

コラーゲンやアミノ酸を毎日スープでとる習慣、始めませんか?

エム ボーンブロスには、骨や皮膚、毛髪や軟骨を構成しているコラーゲン、細胞を合成するアミノ酸、体の「サビつき対策」をする働きをするイミダゾールペプチドが含まれています。

 人体の細胞をつなぐ  美と健康の最小単位 疲労回復物質
 コラーゲン アミノ酸 イミダゾールペプチド
6,720 6,755.2 144

1袋あたり たんぱく質8.2g、カロリーは38kcal。

エム ボーンブロスをお勧めします。    
管理栄養士:遠井規子先生       

埼玉県出身・日本女子大学卒
大学を卒業後、管理栄養士として大手商社の加工食品部で食品開発に携わる。
その後自然食品・サプリメントの販売会社の開発責任者として
多くのヒット商品を生み出す。

日本最大規模の外食・食品販売企業グループでは加工食品の企画開発に携わり、
大手スーパー向けの商品を数多く開発する。
管理栄養士としての豊富な食品開発経験と観点から、
一般食品・サプリメントの処方監修を広く行っている。

マザーフーズのエム ボーンブロスは国産鶏の骨から抽出した濃厚なエキスと、
国産の野菜から取れる栄養素から成る栄養豊富なスープです。

特にコラーゲンが豊富で、豚や魚から抽出したコラーゲンと比較しても、
コラーゲンの主成分である「ヒドロキシプロリン」の含有量が多いことが特徴です。

エム ボーンブロス1袋(160g)に含まれるコラーゲン含有量は6,720㎎と豊富であり、
また必須アミノ酸9種類を含むアミノ酸含有量は6755.2㎎と
他の食品やサプリメントと比較しても決して引けを取らないスープです。

また動物の筋肉の含まれる成分の一つであり、抗疲労や運動能力の向上に役立つ
イミダゾールペプチドも144㎎も含有しており、まさにただのスープではなく、
「健康志向スープ」と呼ぶにふさわしい内容だといえます。

そのまま召し上がってもよいですし、
ちょっとした工夫で料理にも役立てることができるのも、
お勧めする理由です。
栄養豊富で料理にも使える健康志向スープ、
エム ボーンブロスをお勧めします。

*エムボーンブロスオンラインショップはこちらから

*下のQRコードからもお買い求めいただけます。
MBBオンラインショップQRコード

TEL: 受付 平日9:00~18:00 FAX:06-7178-0615
お問合せ
お知らせ