手羽トロの骨から作る「ボーンブロス」プロジェクト ストーリーDevelopment Story

手羽トロの骨から作る「ボーンブロス」プロジェクト 

2013年、手羽トロ唐揚げ発売。以来、ずっと増産を続けてまいりました。当時、あまり人気がなかった手羽元でしたが、「鶏の命を丸ごと活かしたい」という思いから生まれたのです。

しかし、食べやすくするために外した骨のことが、私たちの心に引っかかっていました。丸ごと活かしたいと思っているのに、骨を活かせていない、なにかいい方法はないだろうか。
そんなある日…

骨を煮出したスープ、「ボーンブロス」との出会い

ニューヨークで「牛や鶏の骨から煮出したスープを、紙コップでテイクアウトできる店が繁盛している」というニュースを小耳にはさみました。
それが「ボーンブロス」でした。
「ボーン」が骨、「ブロス」はじっくり長時間煮だした出し汁のこと。欧米の家庭では20世紀半ばごろまでは、ストーブの上に鍋を置いてコトコト半日から3日間ごく弱火で煮だして、それを料理のベースに使っていました。また、体の具合が悪い人でもそのまま飲むことができる「体に優しいスープ」だというのです。

関節痛が楽になったり、髪や肌の艶がよくなるという情報もありました。それは、骨に含まれているコラーゲンを、長時間煮て抽出し、同時に出た脂分を取り除くことで、高たんぱくで脂質が少ないから。コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚や関節のクッションを構成しています。また、胃の内膜を修復する効果もあるというのです。

これまで、そんな重要なたんぱく源を活かしきれていなかったのだと、改めて知ることができました。

作ってみよう、お母さんのために

当社の従業員S子から「手羽元の骨で『ボーンブロス』を作ってみたい」と提案がありました。彼女は体の弱い母親にボーンブロスを飲んでもらって、丈夫になってほしいという強い気持ちから、レシピや作り方を調べ始めたのです。

ネットでもボーンブロスのレシピ情報を知ることはできましたが、それぞれ分量や配合比率、煮る時間がまちまち。それは、各家庭それぞれにやり方があり、いわば「おふくろの味」のようなものだったから。
共通しているのは、一般的な家庭にある材料だけで作っていること、煮だした後のブロスを冷蔵庫で冷やすと、表面にホワイトチョコのような脂の層が固まり、その下は透明感のあるプルプルのゼラチン質のスープになること。

プルプル感の素、コラーゲンは鶏の軟骨や関節などに多く含まれていますが、手羽元の骨だけでもボーンブロスはできるのだろうか。
前例がなかったのですが、それでも、まず始めてみました。

毎日のコラーゲンで、いつの間にかいい感じ

何度も試行錯誤していくうち、鶏のいい風味と野菜の甘み、リンゴ酢の酸味がほんのり感じられて、飲みやすい味になってきました。塩気がほとんどないので、飲んだあとに、のどが渇きません。

S子の母親も毎日飲み続けるうちにだんだん顔色もよくなって、これは続けていく価値があると思えるようになりました。もちろん、薬ではありませんから飲んですぐに何かが劇的に変わる、というものではありません。
いわば、500円玉貯金のようにコラーゲンを毎日ためていき、知らず知らずのうちに体調のベースを整えるというイメージです。

しかし実際に試作してぶち当たった壁は「半日から3日間も鍋を火にかけたまま」という点でした。忙しい21世紀になって、すたれてしまっていたのも納得です。

家族にも、もっと多くの人にも

だれにとっても長時間煮だすのはたいへんなこと。もし代わりに作ってくれる人がいたら、ほんとうに助かるなあ、というのがS子の率直な思いでした。もっと簡単に作れて、いつでも手軽に飲めたら嬉しい人も多いはずです。

試作品は、他の社員も持って帰って飲んだり、家族に飲ませるようになりました。体が弱く、体育の授業に出られなかった子どもに1年間飲ませたら、骨密度が高まり、医者から体育OKのお墨付きをもらったことが、一つの転機となりました。

社内で「これは世の中の多くの人に役に立つんじゃないか」、「骨粗鬆症になりやすい高齢者や、体をいたわるアスリート、肌や髪をきれいにしたい女性、老齢のペットなどに飲んでもらいたい」という声が上がりました。

その後、弊社の代表も膝を傷め、ボーンブロスを続けて飲むようにしたところ、痛みが軽減し、さらになぜか体重も減り、もっと多くの人に飲んでもらいたいという意欲がますます強くなり、製品化への道が始まったのです。

高コラーゲン・低カロリーの客観的なデータ

手羽元の骨をじっくり煮出したら、ゼラチン質のプルプルスープが取れる潜在能力があることは、試作で証明できました。そこで、栄養成分試験でボーンブロスのコラーゲン量を調べて、科学的なデータを示すことに。

鶏由来のボーンブロスの先行商品は既にいくつかありましたが、コラーゲン推定量をはっきりと示した、比較になるものが見当たりませんでした。そこで「コラーゲンたっぷり」と表示されている「丸鶏スープ」のコラーゲン量を目安にしてみました。

結果、丸鶏スープのコラーゲン量を100とすると、試作品のボーンブロスは80くらいでした。
しかし、カロリーを比較すると、丸鶏スープ100に対して私たちのボーンブロスは60。

コラーゲン量が多いわりにカロリーは低い、ということが数字で示されたことで、チキン・ボーンブロスは「高コラーゲンで低カロリー」、とみなさまにお伝えできるようになりました。

実感を語る声を集める

同時にアメリカで出版されているボーンブロス関係の本を取り寄せ、情報を集めていきました。
ニューヨークで紙コップ入りのボーンブロスのテイクアウトの店ができたのは2014年。
同じ年に「Nourishing Broth: An Old-Fashioned Remedy for the Modern World 」という本が出版され、アメリカでボーンブロスに注目が集まるきっかけになったといわれています。この中には、ボーンブロスを長く飲み続けて、体の具合が良くなった実感を語る声が多くみられました。

長く続けられるチキン・ボーンブロスに

アメリカのスーパーマーケットでは紙パック入りのボーンブロスが定番商品。取り寄せて社内で試飲してみました。
原材料や成分表示もはっきりと示され、安心して飲むことができます。
ただ残念なことに、味は、試飲したメンバーほとんどの味覚にはちょっと合わず、習慣的に飲むには私たちに馴染みのある味わいが重要だとわかりました。

こうして、私たちが目指す製品の条件がだんだん絞られてきました。

多くの人にボーンブロスを続けて飲んでいただくには

1. 安心安全な材料
2. 飲みやすい味で、アレンジができて飽きないこと
3. 買い続けられる価格帯
4. 保管が便利
5. 明確な栄養成分表示

これらの条件をクリアしたときが、製品化の実現の瞬間です。

思いを結集させてエネルギーに

このサイトでは、ボーンブロスについての情報をご紹介していきます。私たちの思いを理解していただき、製品化を応援してくださる方々を増やしていこう。たくさんの人の思いが集結すれば、それが実現へのエネルギーとなるはずだ、と考えています。

ご自分の体調はもちろんのこと、家族やお友達の健康を気づかう方に、ご愛飲いただける製品を目指します。

商品開発一覧へ戻る
TEL: 受付 平日9:00~18:00 FAX:06-7178-0615
お問合せ
お知らせ