手羽トロ唐揚げ開発ストーリーDevelopment Story

手羽トロ唐揚げ開発

弊社が串以外の商品開発に向けて本格的に動きだしたのは2013年からですが、当時、手羽元は全く人気がなく、産地や荷受けさんなどでも余りに余る商品でした。私達はこの手羽元を使って良い商品ができないものかと考えました。

手羽元開きや手羽元チューリップなどの加工品がある中どうせならこの太い骨を完全に取っ払って肉だけにしてしまおう。いや、それが手間だから手に余っているのだ、そんなやり取りが続く中…

驚愕の美味しさ発見

考えていても仕方がない。私達は手作業で手羽元のツボ抜き(手羽元から骨を外し肉だけにする作業のこと)を始めました。

そうしてできた肉は唐揚げ用の肉の大きさにちょうど良く、簡単に味付けをし食べたところ、驚くほどジューシー。手羽元は筋肉の部分なので、冷めても柔らかいままです。きっとこれは人気がでるに違いない!そうして企画開発が始まりました。

WINDASとの出逢い

予想どおり手羽元肉の唐揚げは好評で、日に日に注文が増え、手作業でのツボ抜きにも限界という文字がチラつく中、何気なくいつものように朝のニュースを見ていると、なんと「手羽元を肉と骨に分ける機械がある!」という放送がされているではありませんか。

まるで私達のために開発されたようなタイミング。すぐに問い合わせをし、現場へ急ぎました。そこには手羽元を投入するだけで手羽肉と骨とに分離できる、夢のような機械がありました。

アイデア・チャレンジ そしてスピード

しかしもちろん、安い機械ではありません。高価な機械を導入しても良いのか考え悩みました。

けれど、この美味しい手羽トロ唐揚げは必ず売れるという自信があったのです。
そう確信していたので、購入に迷いはありませんでした。

手羽トロ唐揚げ完成への道

そこからは味付け、色合い、経時変化具合、肉の大きさなど、変更に変更を重ね、何個食べても食べ飽きない現在の味が完成しました。

この柔らかくプリプリとした食感はもも肉にも胸肉にもなく、マグロでいうトロだ!手羽トロ唐揚げの誕生です。

「手羽トロ唐揚げ」 商標登録取得への道①

完成した手羽トロ唐揚げを、より多くの人に食べていただこうと量販店様にご提案しましたが、鶏肉の部位にトロというものはなく「消費者に誤解を招く」「本当に売って大丈夫なのか」とういうお声をいただきました。

本当においしい商品でしたが、なかなか思い通りにいきません。しかし、この商品は絶対にお客様に喜んでいただける、そんな強い確信があったので何とかできないものかと考えたのが、商標登録でした。

「手羽トロ唐揚げ」 商標登録取得への道②

これで世の中の認知が拡がる、と考えたのですが、実際は「手羽トロ唐揚げという文字とそのマークをつけたもの」という、画像として限定されたものでした。

これでは、弊社のマーク以外のマークを付けると「手羽トロ唐揚げ」と謳って販売できてしまう。私達は「手羽トロ」という文字に対しての商標登録をしたい、と切に思いました。

「手羽トロ唐揚げ」 商標登録取得への道③

マザーフーズが名付けた「手羽トロ」唐揚げ。
「手羽トロ」という名前が一人歩きし、各地で人気になりつつある「手羽トロ」という名称。

マザーフーズの販売実績、「手羽トロ」の名付け親だと証明した結果、3回にわたる申請と、1年にわたる年月をかけ、最終的に株式会社マザーフーズが「手羽トロ」の文字だけが輝く、商標登録を手にすることができたのです。

年間240トン出荷!手羽元価格高騰!

手羽トロ唐揚げはまたたく間に知れ渡り「手羽トロ」という部位があると思われるほどに。年間240トンもの出荷、手羽元の高騰という大ブレイクを引き起こしました。

今では手羽トロ開発を元にした様々なノウハウを武器に、多くの企業様の商品開発に携わっています。ニーズに対しての柔軟なアイデアとチャレンジ精神、そしてスピード力。これからもより良い商品を造り上げる情熱をもって、マザーフーズは新たなメニューを開発し続けていきます。

手羽トロ唐揚げ生産風景

2018年2月11日に「アサスマ(サンテレビ)」内で放送された、マザーフーズ尼崎工場の紹介VTRです。
番組内では、手羽トロから揚げの生産ラインを紹介しています。

手羽トロ唐揚げを注文する 商品開発一覧へ戻る
TEL: 受付 平日9:00~18:00 FAX:06-6952-8501
お問合せ
お知らせ